heimdal鯖&ポンタ鯖で活動中の殴りプリごるふぁ~の日々


by priest_ro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

のど痛い

おはようございます 風邪でダウン中のマンゾーです。

一回風邪ひいちゃうと扁桃腺が大きいんだかなんだかで、だいたい

8度5分以上は熱がでて仕事も思うように出られなかったり。

月曜は祭日だったので火曜の朝からブルブル震えながら病院へ。

そこでの出来事なんかをひとつ。


点滴打つと楽になるよって事なのでやってもらうことに

僕を診てくれた先生が女医さんだったんだけど

僕の後におばあちゃんを診察されてる様子。

「今日はどんな調子~?」

なんつって和やかなムードです

「調子は良いけど耳鳴りがね~・・」

と、おばあちゃん

このおばあちゃん、オットリした口調でやとてもやさしい声してます。

顔が見えない分、想像が膨らみます

「じゃあナリピタンってお薬出しておきましょうかね」

と、女医さん。

しかしおばあちゃんの様子がちょっと変

クスクス笑っている様子

女医 「どうしたの~? 何か可笑しい~?」

おばあちゃん 「ナリピタン?ナリピタン?」

女医 「そう、ナリピタン」

おばあちゃん 「耳鳴りだからナリピタンっていうの?」

女医「そうだと思うよ~?」

おばあちゃん「・・・・アハハハハハハ・・・・・・フフフフフフフフ」

と笑いが止まりません。

品の良さそうなおばあちゃん、女医さんも看護士さんも巻き込んで、

診察所を笑いの渦に。

死にそうで点滴受けてる僕も腹筋がピクピクです

女医「 って言うかさ~名前付けた製薬会社が凄いよね~」

おばあちゃん「ア・・ハ・・アハハハハハハハハハ」

もう耳鳴りなんかどうでも良いって感じで笑ってます。

おばあちゃんにも女医さんにも癒させていただきました。
[PR]
by priest_ro | 2008-02-13 10:03 | 只の日記